ワガママ女子の特徴と扱い方を手取り足取り教えるよ♡

前回の記事、「ワガママ女子の魅力」についてご紹介しましたが、やはり世間一般から見れば「ワガママ女子=面倒くさい・扱いにくい生き物」というイメージが大きいと思います。

ですが、それ、めっちゃもったいないです!!!
なぜならワガママ女子はコツさえつかめば、「普通の女子よりも格段に扱いやすい」からです。

今回は、あなたの「ワガママ女子面倒くせえ」を全力で払拭するために、自称「ワガママスター(笑)」の私が、「ワガママ女子のトリセツ」をご紹介したいと思います!

 

[1] ワガママ女子=かまってちゃんが多い

ワガママ女子の扱い方を学ぶ前に、まずは前回の復習も兼ねて、「ワガアマ女子」とはなんぞや?を簡単にご紹介します。

▼ワガママ女子とは。

  1. 表現力が豊か
  2. 自由であぶなっかしい
  3. 常に素
  4. かまってちゃん
  5. 面倒くさい

①~③は前回の記事でご紹介した内容。
ワガママ女子は「表現力が豊かで自由。見ていて危なっかしい面がありそして常に素」です。
そしてこういう女子は、一見万人ウケはしないので、たくさんの男子にモテるいわゆる「男受け女子」にはなれないのですが、付き合う人からは大切にしてもらえる確率が高いのです。(前記事参照)

加えて、ワガママ女子は「非常にかまってちゃん」が多いです。
しかもそれをあえて言わない。

これはぶっちゃけ、ワガママ女子以外にも共通する「女子あるある」ではあるのですが、ワガママ女子は「こんな私の変化にも気付けないなんて最低!」という割と自己中な思想に着地しやすく、最終的には「もういい!」と訳の分からないところでキレたりします。
これが、⑤ワガママ女子=面倒くさいです。

おい!やっぱり面倒くさいじゃねえか!扱いづらいじゃねえか!という声がめっちゃ各所から聞こえてくるんですが、そうですよ?わがまま女子は面倒くさいんです!
ここ、めっちゃ重要なので覚えておいてください!センター試験なら大問2ぐらい重要です。※現代文なら多分小説パート。ここ落としたら割と厳しい。

 

[2]ワガママはとことん聞くべし

ワガママ女子はワガママです。
そりゃあもう、ワガママ。人によってその種類や度合いは違いますが、「あれはイヤこれはイヤ」なんて当たり前。

望み通りの行動をとっても「やっぱりなんかちが~う」なんてことも日常茶飯事です。

正直、「だったらお前がやれよ」と口にしたくなる気持ちは非常によく分かりますが、ここはグッとこらえてください。

ワガママ女子のワガママは基本は聞いてあげる。
これが、彼女たちを手なずける第一歩です。
そして、ワガママをたくさん聞いてあげた上で、彼女たちに「こんなワガママな私を受け入れてくれるのは彼ぐらいしかいないかも」と思わせることがポイントです。

 

[3]褒める時はストレート8割・変化球2割

よく、女子をほめるときは周りとは違う部分を見つけて褒めろ、という話を聞きます。
「かわいいね」「綺麗だね」「スタイルがいいね」、モテる女子はこんな褒め言葉死ぬほど言われてきているから、ちっとも響かない、と。

ですが、ワガママ女子は基本的にワガママなため、実は褒められ慣れていません。(めちゃくそ可愛い子は別)。

なので、いわゆる「直球の褒め言葉」に非常に弱い。
ですが、ワガママ女子たちは基本的に面倒くさい生き物なのでストレートな褒め言葉をストレートに受け止めません。
ここで残り2割の「変化球」。

「そうやって色々考えちゃうところがいいよね」
「今、喜んだ?その表情いいね」
みたいな、「この瞬間」「めっちゃピンポイント」な部分を2割でぶち込むことで、最初の「ストレートな褒め言葉」の信ぴょう性が一気に上がり、ワガママ女子のハートをつかむことが出来ます。

 

[4]ワガママを楽しむマインドを持つ

ワガママ女子から繰り出されるワガママを「ワガママ」だと思って受け止めると、どれだけ乗りこなそうと思ってもやはりイライラしてしまうことも。
そこで、「ワガママ」をゲームだと思うと楽しくなります。

「さてさて、今日はどんなワガママが聞けるかな?」
「おっとこんなワガママ言ってきたな。なかなかハードだなw」
「あれ?今日はやけにおとなしいぞ……?なにかったのか……?」

ワガママを楽しむことが出来ると、それは結果心の余裕につながり、いつしか自信につながったりもします。
するともっと彼女のワガママを受け入れられるようになり、いつしかあなたも「ワガママスター」になれるのです。なれるのです。なれるのです……。(暗示)

 

[5]ワガママ女子を扱うなら周りを味方につけろ

これに尽きます。
女子とは、彼氏や好きな人の話を必ず、女子会で話す生き物です。
パンケーキにシロップがセットでついてくるように、女子会では恋愛ネタ(7割ディスリ2割愚痴1割自慢)が付き物です。

そこで彼女に「私の彼、この間こんなワガママを聞いてくれてね」と言わせるのです。
常にワガママを聞いていれば、彼女も段々と気分がよくなり、友人に必ず話します。
そして女子会で周りの女子たちに言わせるのです。
「えー!そんなことまでしてくれるの?その彼逃したらもう他ないよ!大事にしなよ」と。

そう、周りの女子たちをあなたの味方につけるのです。
この会話が日常的に繰り広げられれば、ワガママ彼女も彼の存在を「ありがたいもの」と意識するようになり、ワガママの中に感謝が生まれるようになります。

 

ということで、ワガママ女子のトリセツをまとめると

  1. ワガママをとにかく聞き入れる
  2. 褒めるときはストレート8割変化球2割
  3. ワガママを楽しむ
  4. 周りの女友達を自分の味方につける

ココを守って、容量用法を正しく守れば、きっとあなたもワガママ女子マスター、「ワガママスター」になれること間違いなしです♡

 

▼らぶりりーすのおすすめ特集はこちら!▼
恋活アプリランキング

▼この記事を今すぐSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

ななーみ

ゆとりの国の新卒ライターななーみです。 特技は「#iPhone越しの私の世界(笑)」。 竜巻と東京タワーとカフェと神保町と宇宙と法律が好きで、上野と馬顔と鉄骨番長が嫌いです。 うっかり月9に出てしまった藤原竜也みたいだと噂されています。