恋愛にのめりこめない致命的な原因は「客観的になりすぎるから」だ

らぶりりーす編集長のあんちゃです。

突然ですが、わたしは胸を焦がすような恋をしたことがほとんどありません。
いつも淡々とお付き合いすることが多いのです・・・。

 

なんでだろうな〜と考えていたら、ひとつ決定的な原因を突き止めました。

たぶん冷静になりすぎてしまうんですよね・・・。
メロメロな展開とか、「なんだこれドラマかよ」とか自分で自分に突っ込んでしまうw

ツイッターで共感してくれる女性もたくさんいました。

 

個人的な分析としては、

  • 自分の中で無意識に恋愛にのめり込むことにブレーキをかけている
  • のめりこむことで傷つくかもしれないというリスクを恐れている
  • そもそも恋愛にのめりこむメリットがわからない

こんなところなのかなと・・・。

 

たぶん自分の人生においてやりたいことや実現したいことがたくさんありすぎて、恋愛にのめりこむとそれらの実現が滞るかもしれないっていう思いもある気がします。

現にいままでの恋愛は、いつも自分の時間を優先してきて恋人から「もうちょっと配慮してくれ」って言われ続けてきました・・・。

 

きっとここらへんの原因と向き合わないと、わたしが恋愛に没頭できるのはまだまだ先の話になりそうです。

 

・・・

 

てか、

 

 

こうやって客観的に分析してる時点でもう冷静すぎて笑える(T . T)

 

関連記事:“恋愛なんてどうでもいい”と思った瞬間恋がうまくいった私の話

▼らぶりりーすのおすすめ特集はこちら!▼
恋活アプリランキング

▼この記事を今すぐSNSでシェアする