毎週街コンに行ってた僕が確実に女の子とデートに繋げる方法を解説する

こんにちは!恋愛に貪欲な20代後半の会社員まんちゃ(Ste_1C)です。

さて今回は、「街コンで確実に女の子をデートにつなげる方法」について解説します。

せっかく街コンで素敵な女の子を見つけても、その場で終わってしまっては意味がありませんからね。

この記事では最大限成果を出すために、街コンの選び方から事前準備・会場での立ち回りまでみっちり書いているのでぜひ参考にしてください。

 

ちなみに前回の記事はこちら>>街コンが最強の出会いツールである3つの理由

 

街コンの選び方(行くべき街コン・行くべきでない街コン)

例え、どんなに街コンに行く回数を増やしても、ひたすら成功率の低い街コンに参加してしまったら一向に理想の出会いはありません。

なので、僕の経験に基づいた、絶対に失敗しない質の良い街コンの選び方を解説していきますね。

 

実は一口に「街コン」といってもいろいろな開催形式があります。

良く言われている分け方でいうと、以下の6つの要素に分けられます。

  • 複数の店舗をまわる街コン
  • 1店舗で完結する街コン
  • 規模が大きい街コン
  • 規模が小さい街コン
  • 立食タイプの街コン
  • 座って交流するタイプ街コン

僕が行ったなかでオススメなのが「40~60人規模の、1店舗完結で、座って交流するタイプ」の街コンです。それはなぜか。

 

①全体を見渡せるから、お目当ての女の子を見逃さない

中規模街コンの良いところは、意中の娘を見逃さず、かつライバルに奪われる確率を下げるところにあります。

規模の大きい街コンは人が多く完全にサバイバルなので、自分の目当ての女の子を奪われてしまう可能性があります。

 

また、ぼくが大規模な街コンに参加した時は、会が終わった後、こんな娘いたっけ?!っていう美人が急に現れたりして「あの娘に声かければよかったーーー!!!」っていう悲劇もしばしば起こりました。キャパが大きすぎて見逃してたんですよね。。

 

②大規模街コンだと会場内が混雑して女の子が疲れてしまう

80〜100名が参加する大規模街コンは人がゴミゴミしていて、会場のキャパの関係で高い確率で立食形式になります。

この形式だと、女性の不快指数も高まり、僕の経験上、目当ての女の子が疲れて会の途中で帰ってしまうなんてことは何度もありました。

 

なので、僕がオススメする形式は、40~60人規模の、1店舗完結で、座って交流するタイプの街コンです。

ここらへんを抑えておくと成功確率がグッと上がりますよ!

 

▼ここまでのまとめ▼

街コンの公式は以下によって表すことができる。

【成功確率】=街コン参加頻度 × 街コンの選び方

 

街コン会場にいくまでに必須の事前準備

かのサッカー日本代表の本田圭佑は「勝負を決めるのは準備」という言葉を残しております。

街コンも同じで、本番のパフォーマンスはきちんとした準備で決まるといっても過言ではないです。

 

ということで、街コンの準備には2つのポイントを押さえておく必要があります。

それは「一緒に行く友人選び」と、「身だしなみ」です。

 

①街コンに一緒にいく友人は選ぼう

街コンの基本は2人1組です。相手の女性も2人で来ますからね。

慣れてしまえば1人で行って、パートナーとなる男性を現地調達できますが(僕はそうしてます
が)、初めてなら親しい友人と行くのが無難。

その際に自分の弱みを補完してくれる友人のチョイスを意識してみましょう。

 

男性のタイプには大きく分けて2種類いると思います。

  • 話しを切り出すのが得意なタイプ
  • 会話を続けるのが得意なタイプ

自分が「話しを切り出すのが得意なタイプ」であれば、「会話を続けるのが得意なタイプの友人」を誘い、逆であれば、「話しを切り出すのが得意なタイプ」の友人を誘うと、お互いの強いが発揮でき良いチームプレーができます。

選び方を間違えると、会話の糸口を見つけられなかったり、話が盛り上がらないなんてことになります。

 

②街コンの身だしなみ

服装は当然のように大事です。第一印象が勝負な街コンなのに、じつは意外と服装が適当な人が多いです

平日ならスーツ、休日ならカジュアルなジャケットが無難でしょう。

過去に女性に聞いたことがあるんですけど、NGだっと服装は以下の通りです。

  • ジャージ姿
  • 決めすぎた正装
  • 柄物の服
  • ヴィジュアル系・ホスト系

たしかになんでここでこれ着るの!?っていう方たまにいますよね・・・

 

服装は自分を2割増しに見せることができるツールなのでとことん意識しましょう。

僕の場合は服に疎いので、服飾系の友達にお金を払って、買い物を付き合ってもらって服を買ってもらいました!

 

【実践編】 街コンの雰囲気&会場到着後の立ち回り方

それではいよいよ街コンを申し込んで、当日を迎えた時の実践編に移りたいと思います!!

いまから20人の女の子とお話しできると考えただけでワクワクしませんか?

僕はもう我慢できない…!

…という興奮を抑えて、街コンに行く前に以下の2つの点は絶対覚えておいてください。

 

①街コンの特徴を知っておく

まずは街コンの特徴を理解しておく必要があります。

街コンの特徴をしらないままパーティーに行くことは、サッカーのルールを知らないままサッカーをプレイしているのと同義です。

なので、街コンというゲームをプレイするにあたって覚えて欲しいことは、街コンとは「自分の印象を残せるか」ゲームであることです。

 

街コンは、合コンとは違い1日に10人以上の異性と話すため、なかなか記憶に残りにくいという特徴があります。

例えば、合コンでは決まった人数の女性と一定の時間は話せますが、街コンでは15分~20分交代でいろんな人と話すので、「短い時間のなかでいかに良い印象を残せるか」の戦略が一番大事になってきます。

 

②街コンを制する戦略を持とう

合コンには合コンの戦い方があるように、街コンには街コンの戦い方があります。街コンの特徴を踏まえて、「印象を残す」戦略を練りましょう。

では、街コンの以下の基本的な流れを例にとって考えていきます。

  • トークタイム1回目(15分)→シャッフル
  • トークタイム2回目(15分)→シャッフル
  • トークタイム3回目(15分)→シャッフル
  • フリータイム(15分)

例にだしたこの形式では15分1セット形式の街コンとなります。

 

ここでまず考えるべきは、

「女の子最初の方にしゃべった人のことはたいてい忘れる」

ということ。

 

女の子は1日に何人もの男性と話しをすることになるので、いくら初めの方で盛り上がってLINEを交換できたとしても、帰宅した後、「この人誰だっけ?」となることがあります。

つまり、いくら手応えがあったとしても、印象に残らなければ単なる徒労に終わってしうのです。

なので、戦略的に印象をしっかり残していきましょう!

 

1回目のトークタイムは様子をみる

1回目に話した男性なんてよっぽどのことがない限りは忘れ去られてしまいます。

最初のトークタイムは、会場内のどこにお目当ての女性がいるのかという「会場把握」をし、会場のなかで第3希望ぐらいの女の子の席につき、トークの準備体操に努めましょう。

 

ぼくは街コンに行き始めた頃、1回目にめちゃめちゃ盛り上げたのに帰り際に名前すら覚えてもらってなかった時はまじで絶望しました。。

 

2、3回目のトークタイムが勝負だ!

そして、目当ての女の子(第1、2希望の女の子)を捕まえたいときは早くとも2回目以降に話しをしましょう!15分の間に「印象を残す」ことがミッションです。

では、印象を残すためにはどうしたら良いか?

 

それは「共通の話題」をひたすら探すことです。

街コンによっては、話が盛り上がるようにあらかじめプロフィールカードなどが配られてそこに趣味となどを書けるようになっています。

僕の場合はプロフィールカードを最大限駆使して、ある程度語れる共通した話題をポンポン振ってみます。

そうすると、明らかに女性の反応が変わるトピックがあるので、反応の変化に気づいたらそこを一点突破で攻めましょう。女の子に限らず、自分の好きな話題を振られたら嬉しくなりますよね?

 

あくまでも女性を主役にし、とにかく共感をしてあげるだけで、コミュニケーションは意外とできるものです。女の子に気持ちよく話して貰いましょう!

なので、好きなこのプロフィールカードはしっかりと記憶しましょう。後々の連絡先交換でも威力を発揮します。

 

最後のフリータイム

もし、目当ての女性が1人に絞られた場合は最後のフリータイムトークは一番印象に残る場面なので確実に席を獲りましょう。

・トークタイム1回目(15分)→第3希望
・トークタイム2回目(15分)→第1希望
・トークタイム3回目(15分)→第2希望
・フリータイム(15分)→第1希望

こんな感じをセオリーとして、慣れてきたら自分なりの戦略を見つけるのも良いですね!

 

実際に女の子とデートできるのか?

さて、街コンが終わってからが本番です。実際にデートにつなげられなければ意味がないですからね!

ここまできたら、気になるあの娘とのデートへの道は残り2STEPだけです!

 

① 自分を思い出してもらう

実はもうデートへの「仕込み」はこの時点で完了しているのです。

デートにつなげるためには先ほどから口酸っぱく言っているように印象を残すことが大事。

 

なので、街コン本番で印象を残せたと思ったら、最後のもうひと押しをLINEでしましょう。

基本的に、街コンでLINE交換を打診して断られることはありません。

それがゆえに、女性は「誰が誰だかわからない」状態に陥りがち。

 

なので、街コン後のLINEは、名前と共通の話題や盛り上がった話を放り込みましょう。

これは相手に「自分のことを思い出させる」ことと、「楽しかった記憶」を呼び起こす効果があります。

 

そして、気を付けなければならないのは、自分もLINEを交換したらすぐ女の子の名前を編集して特徴を書き込むことです。男も同様にLINEをたくさんGETできてしまうため、本当に誰が誰だか分からなくなってしまいます。

お目当ての女の子に送ったつもりが、「全然違うやつが来たわ・・・」という悲劇にならないようしっかり名前は編集しましょう。(・・・と過去の自分に言い聞かせてますw)

 

②デートの約束を取り付ける

そして、LINEが返ってきたら「最初の3トーク」に命を懸けてください。

LINEは最初の3トークでいかに女の子を盛り上げられるかが勝負です。

だって、すでに一回話してるし街コン後で疲れてるのに、「職業は?」とかつまらないLINEをだらだらしたくないですよね。

 

なので、とにかく「共通の話題」や「盛り上がった話題」などで女性に「楽しかった時の記憶」を思いださせ、受け入れ状態になったことを確認したら、テンションが冷める前に次の約束を取り付けましょう。

時間をおく戦法はアホです。

なぜなら他の男性からもぞくぞくLINEが来ているからです。女の子は出会いたくて街コンに来ているので、他のライバルよりも、速く、そして印象づけるようにLINEしましょう。

 

上級者の裏技

さらにちょっと上級者の裏技を紹介します。

街コンでは「印象を残すこと」が大事と何度も繰り返し言ってきたかと思いますが、確実に印象を残す方法が存在するんです。

それは街コンが終わった後、待ち伏せしてカフェへ誘導する方法です。いわゆる場外乱闘。

 

カフェに誘い出せると2つの良いことがあります。

  1. ライバルのLINEをとめる効果
  2. 自分を確実に印象付けられる

ただし、かなりトーク力が求められますので街コン3回ぐらい経験してからトライするのも良いでしょう。

街コン後の女の子はディナーぐらいしかすることないので、意外と誘い出すことができます。

 

初めてやったときは変な汁が出て来ましたが、僕は今までに100発100中で誘えてます。

ただし、女の子がいやな顔をしたら粘らずに解放してあげましょうね。

 

街コンという最強ツールを使いこなそう

ということで、街コンは戦略さえ間違えなければ、自分の好きなタイプの女の子を、高確率でデートに誘いだせる最強の出会いツールと言って良いでしょう。

街コンで経験値を積んで、「自分だけの街コンノウハウ」を編み出し、最高の彼女ライフを満喫しちゃいましょう!

 

ちなみに、ぼくがいつも使っている街コンの予約サイトは「街コンジャパン」です。

日本最大の街コンポータルサイトで、自分に合った街コンがいつどこで開催されているのかがすぐに検索できるので、かなり重宝します。

ぜひみなさんも勇気を振り絞って参加してみてください!

▼街コンジャパンの詳細・パーティー予約は下のボタンをクリック▼

 

本気を出せば1か月以内に彼女を作ることも夢じゃない!!

一緒に頑張りましょう!

 

この記事を書いたひと

名前:まんちゃ(27歳・会社員)

街コンや恋活アプリで出会った女の子をエクセルで管理するという超理系恋活男子。

個人ブログ「ハイパ→フリー」運営中!

 

 

▼らぶりりーすのおすすめ特集はこちら!▼
恋活アプリランキング

▼この記事を今すぐSNSでシェアする