【恋愛】好きな人振り向かせたくて3万円の情報商材に手を出したらモテた話

ちゃお!らぶりりライターのペロンチュゲスミです。

さてさっそくですがみなさん、モテたいと思ったことはありますか?

ぼくは現在はもう一児のパパとして落ち着いていますが、学生時代~20代の頃は毎日のようにモテたい…モテたいと思ってました。

 

好きな人に振り向いてほしくて情報商材に手を出した

というのも、ぼくはほんとにモテませんでした。

ただモテないといっても告白はされましたよ。
何人かと付き合ったこともあります。

ここでいう「モテない」っていうのは
好きな人にモテないということ。

興味のない人には好かれるのになんで好きな人とはうまくいかないんだろう。

毎日毎日思ってました。

そんな20代後半になったある日、
会社で隣の席にいた女の子に恋をします。

久しぶりに恋をしたのもあって
周りに惹かれるほど夢中になり過ぎた結果
またしても思いっきりフラれてしまいます。

もうどうしてもこの娘をふり向かせたい。
この娘と「キャッキャッウフフ」できるなら悪魔の力も借りたい!
と思って手を出しのが恋愛系の情報商材でした。

今回はそんな体験談を書きます。

 

情報商材っていかがわしいやつでしょ?

ズバリ情報商材とはなんぞやということで
ウィキペディア先生から引用です。

情報商材(じょうほうしょうざい)とは、主にインターネットなどを介して売買される情報のこと。 情報の内容自体が商品となるものである

ぼくは恋愛の情報商材を全部で3万円で購入しました。

もちろんいきなりそんな金額を出そうとは一カケラも思ってません。

ただこの時点では好きな娘にムシされていて
メールの返信もなければ会社でも仕事の話しかしない。
おまけに目すら合わせてくれないような感じでした。

なので最初はワラにもすがるような思いで
無料講座から試してみました。

そしたら、その中に書いてあることを実践しただけで
無視されてた状況が改善していったんですね。

一か月ほどで元の状態まで戻ってきたので
ぼくはそれが嬉しくてもっと深い関係になりたくて
有料の講座を受けるようになりました。

そこに書いてあったことを練習しながら
実際にいろんな女の子に試していったものが
ぼくが「らぶりり」で書いてる記事になります。

>>ゲスミの記事一覧

正直いい自己投資だったなぁと今でも思うほど。

なのでぼくは情報商材にあんまり悪い印象がないんですね。

 

ぼくはブサメンで自信がなかった

ちなみにぼくは10代から20代にかけて
売れないミュージシャンをしていました。

ミュージシャンってモテると思いますよね?

ところが全然モテなかった。

そりゃそうでしょこんな感じですし。

真ん中のブタがぼくです。

清潔感のカケラもなく小太り。
服のセンスは最悪です(これ私服ですよ?笑)

おまけにお金もなければコミュ症でオタク。
自分に自信なんてないですし
いっつも自分より上だと感じる人に嫉妬。

最悪ですよね。

それでその3万円の教材を読んでいろんなこと実践して

こんな感じになりました。
(※これはステージ衣装です)

体重10キロ落として清潔感に力入れたり
会話の仕方も変えたり生活習慣を見直したりね。

一番効果があったのが自信のつけ方。
姿勢変えるだけで自信あるように見えたり
自分の中で自信がついたりしたんですよ。

こうやって好かれる要素を追及していくと
自然と音楽でもお客さんがついてきました。

会社内で好きな娘に好かれようと思っただけなのに
気付いたら自然と寄ってくる娘も増えるわけです。

こうなってくると
よくご飯とか誘われるようになり
女性の友達も増えてきました。
良いサイクルになるとあとはカンタンです。

ここで気付いたのはブサイクだってのは自分自身が
思い込みで作ってしまった幻想
なんだなということ。

 

結局好きな子とは結ばれたのか?

ここまで書いた感じだと

「はいはい。結局ハッピーエンドで終わりでしょ?」

なんて声が聞こえそうですね(笑)

たしかにこれで全部がうまくいって
好きな娘と付き合ってハッピーエンド!
めでたしめでたしっていけばよかったんですが

現実は甘くなく…

結論としては好きな人とは付き合わないままで終わりました。

というのも教材を実践していったら
恋愛を勉強することがおもしろくなってしまって
そっちに夢中になってしまったのがひとつ。

もうひとつは好きな娘と付き合わなかったけど
その人の大事な人にはなれたということ。

彼氏より仲いいみたいな(笑)

2人で外泊とかもよくしてましたし。
今でもちょくちょく連絡とったりしてます。

その娘とぼくが仲いいのが気にいらなかった彼氏に
「ゲスミ君と仲良くするなっていうなら別れる」
とまでいってくれてたのをみると

ある意味ではぼくが恋愛教材を買ったときの
目標は半分叶ったってことでしょうね。

ちなみにその娘はその彼氏くんと
すぐ別れて次に付き合った人と結婚しました。
今でも家族ぐるみの付き合いをしています。

 

好きな子を操れるわけじゃない

結論として恋愛の情報商材を読んだって
好きな娘を自由に操れたりするわけじゃありません

ましてや即ベットインできる!
とかそんな魔法的なものじゃありません(笑)

ただ恋愛を勉強するとその仕組みが見えてくるので
好きって妄想に自分が支配されなくなり
恋愛そのものがラクになります。

さらにこれがみえてくると
恋愛をすることよりも
2人の関係性を大事にする余裕ができます

ただ恋愛したいだけなのか
ただヤリたいだけなのか
大事な人と人生を過ごしたいのか

これがモヤッとしてると上手くいかないんですよ。

誰でもあると思うんですが
失敗したとき恋愛に夢中になったとき
そういうときの自分って毎回、同じことしてませんか?

興味ない娘に好かれるのには
興味ない娘に好かれる行動をしてるんですよ。

恋愛はその人を操れるわけじゃないけど
流れやパターンがあることがわかれば
じつは難しいことじゃない

ただそれがゴールってわけでもない
恋愛教材で学んだことはその本質なんですね。

 

”ただモテる”だけでは意味がない

ただモテても意味がない

これは恋愛教材で勉強した結果
ぼくが気付いたことです。

100人とヤろうが1000人と付き合おうが
大事な人に大事にされなければ意味がない

…セフレが何人いようが、そんなのただ腰が死にそうになるだけです(笑)

今ではぼくは最愛の人と結婚して地方移住して
嫁と生まれた子どもと3人で幸せな人生を送ってます。

ぼくが3万円の情報商材で手に入れたモノは
モテることよりも大事なことだったんでしょうね。

それではまた。

 

▼ペロンチュゲスミのブログ

オフィスペロンチュ2※マジメにエロスを語るサラリーマンの性欲を取り戻すためのブログ

▼らぶりりーすのおすすめ特集はこちら!▼
恋活アプリランキング

▼この記事を今すぐSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

ペロンチュゲスミ

真面目にエロスを語る超どうでもいい系ブロガー。月間37,000PVの個人ブログ「オフィスペロンチュ2」を運営。30,000円の恋愛教材を買ってゲス系オフィスラブを堪能するも現在は卒業し一児のパパ。地方移住も躊躇わないアクティブ派。好きな体位はロールスロイス。