オタクでもリア充な恋愛をするテクニックをガチオタのぼくが教えるよ

otaku1

 

初めまして、普段はSATISFACTIONという雑記ブログを書いているブロガーのとも提督といいます(^^)/

今回は恋に悩むオタク男性諸氏に向けて、オタクだけど6歳年下の女子大生と付き合っているリア充な僕の体験を書いていきます。
まず最初に、僕をそこらへんに転がってる「好きなアニメはワンピース!」とか抜かしてるファッションオタクがリア充してるような人だと思ったら大間違いです・・・

普通に考えれば間違いなくドン引きされるようなレベルのオタクであると!!!(←とか↓とかオタ臭しかしねぇwww)

ぼくがどれくらいのオタクなのか紹介します

ぼくはリア充であるにもかかわらず、このツイート内の記事に書かれている「男子の部屋にあったらちょっと引いちゃうアイテム」は約7割ほど所持していますし、それよりもヤバヤバなブツも堂々と陳列・公開しているんです!

それでは、以下にどう考えてもダウトなブツを晒していきますw

①アニメ柄抱き枕(18禁)

18禁のムギちゃん(けいおん!)抱き枕! で、、、デターッ!!キモさ100点満点をぶっちぎりで振り切るレベルのキモいアニメグッズ!
これぞ極みだw

②18禁の薄い本

提督業をガチでやってたときに買った艦これ関連のブツ。
抱き枕と並んでアダルトグッズとキモいアニメグッズのコラボレーションを見事に達成していますよねw見事にキモさとヲタ臭がインフレしてます。
余談ですがローションなんかも堂々と・・・

③高級化粧品

これは、Youtubeの配信ネタとして「男の娘が女性ボイスでカラオケやってみた!」をやらかしてしまうために準備したブツですw
  • コンシーラー¥2000
  • ベース・フェイスパウダー・ファンデ各¥3000
  • 化粧落とし¥2500
スキンケアも抜かりはありません!
  • 洗顔フォーム・化粧水各¥2500
  • 乳液・オイル各¥2000
という罪深い内容ですw
さらに罪深いことに嫁艦である愛宕(艦隊これくしょん)コス(¥10000)がクローゼットに眠っているというのはここだけの話w
スキンケアは清潔さを保つのに必要だからこれは必要なものだと主張しておきましょう。

番外編:フィギュア&ドールだってあるぞ!

フィギュアなんて当たり前!ドールまで逝ってこそ・・・極み!
(これはさすがに彼女に怖いと言われた・・・けど、彼女との関係に影響は全くといっていいほどなかった!)
といった具合で、酷さについては十分すぎるほどご理解いただけたと思います(^_^;)

ではリア充になるためにどんな手を使ったのか?という役に立つ内容の話に移りましょう。

オタクがリア充恋愛をする5つのテクニック

1.不潔さにつながる項目はことごとく徹底排除!

不潔なのは論外です。
食べかけのものを部屋に放置する癖があるなら今すぐ死ぬ気で直せ!
そういうところから不潔さってのは現れてくるものだと断言しよう!
女性と会う時は体を清潔にし、ファッションもキレイめ系の無難なものにしましょう。 ヘアスタイルも勉強し、無難な髪形にしておくのが紳士(変態)のたしなみです。

2.自分の話をするのではなく、最初から最後まで聞き役でいるべし

出会うところまでこぎつけたら、気持ちよく相手にしゃべってもらいましょう
男の話なんて自慢話とか仕事の話、オタクならそれらに加えて聞いていて眠くなるようなガノタトーク的な何かすら出てくるもの。
下手を打ってはいけません。自分の手で自縛スイッチを押すな!口下手でも契約しっかり取ってくるような営業さんが使ってる基本テクニックを使え!
自分の情報なんて相手が欲している最低のものだけを言えばいい。さらに雑なことを言うなら・・・あとは「うん」とか「そやねー(・ω・)ノ」ってとりあえず合槌打っとく程度でいい。

3.3回以上会え!

3回以上会うのを繰り返してとにかく信用されろ!

4.自分のセールスポイントを把握しろ!

ついに家に招待するってときには、すべてをさらけ出す勇気を持とう。
と、その前に、招待するには信頼だけでは足りない。
「彼女が自分を手放さないようなセールスポイント」を見せておく必要がある。
当時の僕なら料理とお菓子作りで胃袋を攻略した。今の自分ならそこに細マッチョなボディという付加価値がある。
彼女に「ぼくと一緒にいるメリット」を売りこんでおくわけだ。

5.すべてを包み隠さずさらけ出そう

自分がオタクであることを隠してはいけない。
隠したところで女性の調査能力や情報網、嗅覚といったツールを前に男性による隠ぺい工作などは一切通用しない。
後からばれる方が失望感は大きいのだ。ネガティブ要素は先に出しきって公開してしまえば後は自分を偽ることなく彼女と付き合っていける。
逆に言えば、その程度で離れていく異性と長続きなんて・・・
でッきるわきゃぁねぇだろぉぉぉぉぉおおおおおッ!!!

ということです。

おわりに

キモオタが彼女を作る過程は一見険しいように思えるかもしれません。
しかし世の「健全な」リア充とはその程度のことは軽くやっているものです。
そんなこんなでぼくは6歳年下の女子大生と付き合って2年経ち、初めてに漕ぎつけるまではそこからさらに1年かかりました。
今回はその節目にこのような記事を書けたこと、そしてここまで読んでくださったことをとても嬉しく思います。
少しでもお役立ていただければ幸いです。
私ほど酷いオタクもそうそういらっしゃらないと思うので皆さまはもっとスムーズに「おつきあい」に辿りつくことができるものでしょう。

以上、とも提督でした!

この記事を書いた人

とも提督
提督+決闘者+戦車兵+アニオタ+車オタク+ドール沼経験アリでもリア充になれた自称料理男子。
得意料理はカレーと焼豚、そして、チーズケーキ!
twitter⇢@tomo3000sf
▼お問い合わせはこちらhttps://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc8KHqMKqAHRClQJuAbE9Gvu9OdQFMtaX0sMzO_1QZ6415B9g/viewform?c=0&w=1 …