「元カレ・元カノが忘れられない」って言うくらいなら次に備えて今すぐ自分磨けよな

DEQLZPT7JI

こんにちは。らぶまじぱ編集長のあんちゃ(@annin_book)です。

長年付き合ったカップルほど、別れたときの傷って深いですよね。どちらかが一方的にフってしまった場合、フラれた側はずっと引きずってしまうこともあるし。

でもわたしはそういうときほど、相手を引きずるのではなく自分に目を向ける機会だと思います。

 

別れた原因を徹底的に解決しないと復縁は厳しい

わたしも以前お付き合いしていた人と一度別れてから復縁したことがあります。が、復縁後もやっぱりダメだった。

そのとき感じたのは「別れた原因を徹底的に解決しないと復縁は厳しい」ということ。だって別れの決定的な要因があるからそういう結果になったんだし。

それをお互い話し合って納得して解決しなきゃやり直せないと思います。別れた後って急に孤独感に襲われたりしてまたヨリ戻したくなるんですよね。でもそんな一時の感情で行動しても同じ結果を招くだけです。

 

人は持っていたモノを失うと名残惜しくなる

人間って今まで自分が手にしていたものを失うと、途端に名残惜しくなるんですよ。恋愛に限らず。

過去の栄光にすがりついたり、今までの仕事の実績が惜しくて新しい挑戦ができなかったり、高価な着なくなった服を捨てられなかったりね。

これってみんな感じることなんで仕方ないんです。でも大事なのは「名残惜しい」と思った時にどう行動するか。

名残惜しいから手放せないのか、名残惜しいけど手放して前を向くのか。これって人生のあらゆる場面で問われることですよね。

 

思いっきり自分に愛情を注いで次に備える

結論として、わたしは「昔の恋人が忘れられないなら、復縁を願うより自分に愛情を注ぎまくって次に備える」べきだと思ってます。

「もうあの人ほど好きになれる人はいない!」って思ってても案外素敵な人って身近にいるんですよ。

でも昔の恋人への感情を落ち着かせるためにはある程度の時間が必要です。その間はとことん自分のことを好きになる努力をしましょう。

恋人と別れたあとは自己嫌悪に陥りがちなので、「アイツを見返してやる!」くらいの気持ちで自分を磨く努力をすれば何倍も魅力的になりますよ。

 

忘れられないときは、とことんヘコんでも大丈夫です。どん底までヘコんだら、だんだんエネルギーが戻ってくるので。そしたらその後は、次に備えて自分自身に愛情を注いでおこう。