結婚に反対する親とかまじで無視していい。関わらなくていい。

こんにちは、あんちゃです。

わたしはいま25歳なんで、まわりにもちらほら結婚する人が増えてきています。

その中でも結婚するうえで悩みの多い「親への挨拶」。挨拶するのはいいんだけど、結婚相手をそもそも反対する親もいますよね。

わたしのまわりにも「相手の職業が・・・」とか親に言われて結婚を反対されている人がいました。

 

わたしからしてみれば、結婚に口出ししてくる親なんてマジで無視していいと思います。

 

挨拶は必要でも承諾はいらない

結婚するときに、お互いの親への挨拶は礼儀として必要かと思います。

でも、挨拶する以上に口出しされる必要はないんです。だって、結婚するのは本人たちであって、親には関係ないじゃないですか。

未成年同士の結婚ならまだしも、20歳をすぎた立派な大人同士の結婚で、なんでいちいち口出しする必要があるんだろうか?

そうやって子離れできない親、多すぎません?

 

たしかに「この結婚相手で本当に大丈夫だろうか・・・」

って心配する気持ちもわかります。でも、本人が「この人と一緒にいたい」と思っているならそれでいいじゃないですか。

親の身勝手な心配で、これから幸せな家庭を築くかもしれない可能性をつぶすのはひどすぎませんか?

その心配を子どもに押し付けるなよ。

 

だから必要以上に結婚に関して干渉してくる親は、ほんと無視していいと思うんです。

 

理解されなくていい。説得する必要もない。

「親に認められなければ一人前の結婚じゃない」って思う人もいると思うんですが、理解される必要なんて1ミリもありません。

わたしのまわりにはフリーランスとして立派に仕事している人がたくさんいます。でも、そういう個人事業主の仕事は、親世代にはなかなか理解されなかったりします。

「大企業に入ることが一番優秀だ」と思っている頭の固い親だったらなおさらね。

しっかり生計を立てていても「なにやってるかわからないから」とかいう理由で軽蔑したりするんです。

 

こういう親を説得する必要なんてありません。少し説得したくらいじゃ簡単に親の価値観は変わりませんからね。「話せばわかる」なんて時間の無駄ですよ。

 

親と今後戦っていけるくらい愛している人と結婚すれば問題なし

まあ親の反対を押し切ったらきっと今後親との対立もあると思います。

「まるくおさめないと今後の結婚生活に支障が・・」って。

 

でも親との対立くらいで結婚を諦めるんなら、その程度の結婚相手だったってことです。

本当に結婚したいと思える人なら、親と対立したとしても、一緒に戦って乗り越えていけば問題ないでしょう。どんなにめんどくさくても、反対されても、それに負けないくらいそばにいたい相手ならね。

 

こういうのって結婚に限らずそうですよね。

親に反対されてもやりたい仕事ならやるべきだし、結婚したい相手なら結婚すればいい。

親に反対されたところで、親はあなたの人生の責任をとってくれるわけじゃないんです。だから大事な決断こそ、自分たちで決めましょうよ。

 

恋活アプリランキング