男は浮気はしていない、浮チンをしているだけである。

こんにちは、TENGA大使の紳士ライターこと、りょーた(@hamatyo8)です。

 

浮気ってどこからが浮気なのか?

友達とも恋人とも熱く議論が交わされる内容ですよね。

 

一般的に

キスをしたらとか

セックスをしたらとか

二人で遊びに行ったらとかっていうのが浮気ラインって人が多い気がしますけど

 

それって正直、結果なだけであって浮気とかとまったく関係なくね?

って思うんですよね。

 

男がしているのは浮気ではない、浮チンである。

 

ぶっちゃけ、彼女以外の女性とセックスをしたところで心が離れる事ってありません

 

まったくもって、”気”は浮ついてなんかいないんです。

ただ、”チン”が浮ついているだけなんですよね。

 

一番厄介なのが、「気」と「チン」の両者が自立してしまっていること。

お互いに立ちすぎているんですよね。(※変な意味ではない)

まったくもって別の生き物。

 

浮チンは回転寿司と同じである

 

みなさん、「恋の回転寿司理論」ってもちろんご存知ですよね?

知らない人は日本にはいないと思いますけど、、、。

ちなみに僕が2秒前に考え付いたものなんですけどね。

 

回転寿司に行って一番多く食べるのって

一番好きなネタじゃないですか。

仮に一番好きなネタをサーモンとして

サーモンを大好きな彼女としましょう。

 

サーモン大好き!

アイ ライク サーモン very much!!!!!!

 

でもちょっと待てよ?

何かが流れてきた

あれはなんだ

上手そうなマグロやな、、、

 

ちょっと食べてみよう。

ってなりますよね。

 

サーモンが嫉妬するから

サーモンにばれやしないだろうか

なんて思いませんし

 

結局マグロ食べたところで

やっぱりサーモンが大好きだ!!

ってなるものなんですよね。

 

つまり、束縛したりすることって

回ってくる寿司をすべてサーモンにするという拷問に他ならなくて

他のネタへの情熱をより一層と駆り立ててしまうだけなんです。

 

決して浮気を推奨してはいない。

 

ここまで散々な理論を展開してきましたが

浮気推奨委員会を設立したいわけではありませんし

少子化対策本部長に就任したいわけでもありません。

 

と、いうよりも

浮気なんてしないでください。

 

ただ、浮気は絶対にしない!!とか

永遠にずっと一緒だよっていう

理想論を言っている人が大嫌いなんです。

 

100%いまの状態が続くことってありえませんし

どんなに大好きでも、何かの間違いで他の人とセックスしてしまう事だってある。

 

積極的に浮気をするのは良いことではありませんが

生きていて過ちがないことなんてありません。

 

もしも彼氏彼女が過ちを犯してしまったとしても、結果だけを見て浮気と判断するのではなく

その時何を思って過ちを犯してしまったのかを受け入れる姿勢を持つことが大切なんです。

 

死ぬまで一緒にいた夫婦が永遠の愛だったとは思いません。

「永遠の愛」だったのではなく、「死ぬまでに別れることがなかった」っていうのが正しいんですよ。

 

もちろん、ずっと好きでいたい。

でも、そんなことはありえないっていう前提で

お互いに日々を過ごしていく方が健全だと思います。

 

永遠の愛というありもしない理想を背負って生きるよりも

一生未完成の愛を死ぬまで育めるのが理想なのではないかと。

 

 

それでは最後に

おっぱーーーい

 

恋活アプリランキング