「好きって何かわからない」となっているあなたが恋しているかどうかが分かる診断

ライターのナナシロです。

突然ですが、あなたには今、恋愛対象として好きな人はいますか?

はっきり「いる」と答えられた方は素晴らしいことです。しかし、

  • 「好きなのかどうかわからない」
  • 「好きって何かわからない」

そう思った人は、ぜひこの先を読み進めてみてください。

 

「好きって何?」となっているあなたへ

「今、恋愛対象として好きな人はいますか?」

そう聞かれて、

・もし今、愛し合っている相手がいるならそれは素晴らしいことです。

・「片思いだ」という方も、意中の相手にときめいていることと思います。

 

このように恋人や明確に片思いしている相手がいるなら良いのですが、最近は、

「この人のこと、好きなのかな…?」

「気にはなるけど、恋かどうかは分からない…」

という、”好きが分からない”方が多いなぁと感じています。

 

かといって、そういう方は決して恋愛経験が乏しいから”好きが分からない”というわけでもないんですよね。

むしろ、複数人と付き合った経験がある方が、あるとき、ふと「好きってどんな感じだったっけ…?」となる印象です。

 

よくLINEをしたり、会って遊んだりはする。

デートと言われれば、デートと言えなくもない。

けれども、周りから「その人のこと好きなんだ?」と聞かれると、「う~ん…」となってしまう。

あなたもそうではありませんか?

 

では、そんな「この人のこと、本当に好きなのかな?」となっているあなたのために、あなたが恋しているかどうかが分かる診断をご紹介します。

ちなみにこの診断は、僕がこれまで様々な恋愛相談に乗ってきた経験をもとに作成したものです。

 

それぞれの問いに、はい or いいえで答えてください。

 

あなたが恋しているかどうかが分かる診断

  • 【Q1】一人でいるときにその人のことを考えることがある

 

  • 【Q2】その人にどう思われているか気になる

 

  • 【Q3】恋愛ドラマを観たときにその人のことが思い浮かぶ

 

  • 【Q4】寝る前や夢の中でその人の姿が浮かぶ

 

  • 【Q5】触れたい/触れられたいと思ったことがある

 

  • 【Q6】その人と会ったあとにもっと一緒にいたかったと思う

 

  • 【Q7】「もしその人と付き合ったら」と想像したことがある

 

  • 【Q8】みんなでいるときに「二人きりになりたい」と思ったことがある

 

  • 【Q9】その人のSNSの投稿を追ったことがある

 

  • 【Q10】その人から連絡がきたとき嬉しくなる/連絡が待ち遠しい

 

 

……

いかがでしょうか?

では、早速結果を発表していきます。

 

結果発表

……

上記の診断のQ1~Q10で、一つでも「はい」と答えたものがあった方は、恋をしています。

もう一度言います。

一つでも「はい」なら、それは恋です。

 

この診断は実は意味がない

今回の診断は「恋しているかどうかが分かる診断」と銘打って、それっぽい項目を並べましたが、実はこの診断そのものにはまったく意味がありません。

なぜなら、その人を好きかどうか、その人に恋をしているかどうかは、あなた自身がどう思うか次第だからです。

一つでも「はい」がついた方は、要するに「これが恋であると思いたい」人なのです。

 

恋はポジティブな思い込みや勘違いによって起こります。

思い込みや勘違いに対して、「いやいやそんなはずは…」と立ち止まらずにそのまま突き進むと、「これは恋としか言いようがない」という状態になるのです。

 

“好きが分からない”人は、以前の恋と比較して慎重になりすぎている

”好きが分からない”方は、思い込みや勘違いのまま突き進むことを恐れ、すぐに立ち止まって「やっぱりこれは違う…」となっています。

そしてこのパターンは、恋愛経験がある程度ある方に多いです。

 

「前のときはもっと盛り上がったはずだ」

「前のときは『好きだ!』ってはっきりしていた」

と、過去に人を好きになったときと比較して石橋を叩きすぎた結果、橋を渡れなくなってしまっているのです。

 

あるいは、

「前に付き合ったときは相手のこういうところが嫌だったから、そういうのがない人がいいな…」

「前のときはこういう人でダメだったから、次はこういう人じゃないと…」

と、過去の恋の失敗を反面教師にして、様々な制限を設けてしまっている場合もありますね。

 

恋愛経験がそれなりにあるということは、それだけ失恋も多いということです。

「失恋は過去のこと」と割りきれていれば良いのですが、失恋を重ねるたびに「自分は恋愛に向いていないのかもしれない」と変な自信喪失状態になってしまうと、あるとき突然、

「あれ…、恋愛ってどうやってするんだっけ…?」

となってしまうのです。

 

まずは直感に従おう

過去の恋と比較してどうしても慎重になってしまうあなたは、まず直感に従うようにしましょう。

 

深く考えずに判断をすることを怖いと感じるかもしれませんが、深く考えたところで失敗するときは失敗するものです。

そして、そもそも今のその相手と、かつてあなたの隣にいた人は別の人です。

話し声も、笑い方も、手の握り方も、抱き方も、すべて違います。

 

過去は過去。

今大切なのは、あなた自身と気になっているその人です。

 

もし今回の診断で一つでも「はい」があったのなら、それがあなたの直感です。

 

 

「そんなわけない」とかぶりを振らずに、一歩踏みだしてみてはいかがでしょう?

 

一歩踏みだすと、次の一歩、また一歩と進んでいきます。

その中で、少しずつ恋の輪郭をつかんでいけば良いと思います。

 

それでは、素敵な恋を。

▼らぶりりーすのおすすめ特集はこちら!▼
恋活アプリランキング

▼この記事を今すぐSNSでシェアする

ABOUTこの記事をかいた人

ナナシロ

アート、ホラー、面白系コンテンツの企画屋。Webクリエイター。怪談師。アートサロン『Artfans.jp』主催。添い寝屋。 自分にしっくりくる生き方を探していたら『らぶりりーす』にたどり着きました。 ツイッターで恋愛相談に乗っています。