恋人と長続きしないのは、”相手の良さを見つけようとしなかった”からだった。

1121love

らぶまじぱ編集長のあんちゃです。

わたしは今まで何人かの男性とお付き合いしてきましたが、ほぼ長続きしませんでした。

これだけ続かないと「やっぱり続かない原因は自分にあるのか・・」と、やっと重い腰をあげて自分の恋愛を振り返ったのですが、わかったことが1つあります。

それは、「相手の良いところを見つける努力をしなかった」ことでした。

 

わたしは”受け身で減点方式”な恋愛していた

わたしが男性とお付き合いするときは、最初は普通に本気で好きなんです。

どこかしらに惹かれるものがあって付き合うといった感じだったんですが、付き合ってしばらく経つと相手の嫌なところが目につくようになります。

「あれ?この人こんなガサツだったんだ・・・」

「なんか重たいなぁ・・・」

付き合い始めは100点だった人が、どんどん70点、50点、と自分の中での評価が下がってしまう。

 

完全にわたしは「恋愛に対して受け身で、相手を評価している立場」になっていたんです。

自分から「良い関係を築こう」という努力もせず、幸せになれるかどうかは相手に全て委ねている。

そしてちょっとでも気に食わないことがあると「こんな人だったなんて」と勝手に評価を下げる。

 

全部わたしの勝手な期待と受け身の姿勢が招いた結果だったんです。

 

すぐ飽きるのは期待しすぎていたから

わたしと同じようになかなか1人の人と長続きしないという人は、きっとわたしのような傾向があるんじゃないかなと思います。

すぐ飽きてしまうのは、自分が勝手に思い描いた相手のイメージに期待しすぎて、その期待どおり相手が動かないと幻滅する。

これが繰り返されると「この人はなんか違う」と思って冷めてしまうんです。

 

まずは「相手に期待しないこと」。

相手だって人間なんだからダメなところも弱いところもあります。でも「人ってそういうもんだよね」と思って受け入れられたら、もっとラフに付き合えると思うんですよね。

「そういうところも含めて好きだ」って前向きに捉える姿勢が、こちら側にも必要だってことです。

 

「良い関係をつくる努力」は必要なんだ

「付き合えたらあとは相手が幸せにしてくれる」と無意識に思っている人は多いです。

だから自分はそのあと何も努力しなくなってしまう。それがお互いそんな感じでてきとうな関係を続けていると、すぐに破綻してしまうんですよね。

 

恋愛は受け身になっちゃいけないってことです。まぁ恋愛に限らずどんなこともそうですよね。

「相手とより良い関係をつくるにはどうすればいいかな?」

「相手に喜んでもらえるには、何をすればいいかな?」

積極的に相手と関わろうという意思があって、「良い関係を作ろう」という努力があって、はじめて長続きするんです。

 

ちなみに「そんな努力めんどくさい」と思う人は時点で、相手と付き合う資格はないですよね。

 

せっかくお互い人生の大切な時間を使って過ごすんだから、価値ある時間にしていきましょう。