風俗通いをやめたい男子たちよ、ぼくが画期的な方法「シコ貯金」を教えよう

こんにちは、そして初めまして。
けーすけ(鉄人)と申します。関西でサラリーマンやりつつ個人でもいろいろと動いている者です。

 

突然ですが男性のみなさん。「風俗にいったあとで激しく後悔した」経験はありませんか?

お酒の勢いとかでたくさんお金を使ってしまうと、後から「なんで行ったんだろう」って思うことありますよね。
今回はぼくが風俗通いをやめた画期的な方法「シコ貯金」についてお話ししたいと思います。

 

そもそも男はなぜ風俗(デリヘル含む)で遊びたくなるか?

まず最初に、男性諸君は考えてみてください。

我々は、どうして風俗で遊ぶ生き物なのでしょうか。(全く風俗とか行かない人ごめんなさい)

  • 女性を抱きたいから?
  • 彼女では満足できないから?
  • 大人の階段登りたいから?
  • 友だち付き合いで?
  • 癒しを求めて?

理由は様々、どれも正解です。

 

では、少しだけ理由を紐解いてみましょう。

女性を抱くとどうなるか?
→気持ちいい(場合が多い)

「大人の階段ワーイ\(^o^)/」すると、どうなる?
→おおむね、気持ちいい(場合が多い)

友達付き合いで行くとどうなる?
→なんだかんだで、気持ちいい(場合が多い)

癒しを求めた結果
→うん、気持ちいい(場合が多い)

 

そう。風俗に行ってしまう理由も結局は
気持ちいい!からなんです。

 

本質を見つめると、大半の人はここにたどり着くのではないでしょうか。快感を求める欲望には逆らえないのです。

 

特に新卒1年目から2年目にかけての時期に暴走しがちな人、いませんか?

今までなかなかできなかったことが、自分の裁量でできるようになってくる、学生時代とは比べ物にならないお金が毎月入ってくる、そうなると欲望に忠実になったり冒険したくなることもあるでしょう。

その結果、自発的に風俗で遊んでいたのが僕です。

 

風俗での賢者タイムは本気でツライ

男には、射精後に絶対に避けては通れない【賢者タイム】と呼ばれる時間があります。
自らが賢者となり様々なことを悟るんですね。
僕はこれを“賢者の教え”と呼びます。

 

<賢者の教え>

  • 「俺、何やってんやろ・・・」
  • 「あー、高いお金払ったー」
  • 「終わった後のこの虚無感ね・・・」
  • 「今払った2万円があったら、明日何ができただろうな・・・」
  • 「あの娘、めちゃくちゃいい人そうだったけど、接客用に作られた振る舞いだもんなー。」
  • 「大人しく家でオナニーしとけばよかったー!」

などなど

絶望感・後悔・虚無感etc・・・この世の負の感情を寄せ集めたような気持ちになりますよね。

 

風俗をやめたくてもやめられない人が多い

そこでぼくはまず、【賢者の教え】と【出費】を秤にかけます。

すると、僕の場合は、費用対効果がそこまで高くないことに気づきました。何より、後悔するようなお金の使い方ってよくないな・・・って思いました。

※もちろん非常に綺麗な人が来て、満足度が高いこともあります。しかし、言うまでもなく、ボ●トロールがくることもあります。

 

その結果、「風俗で遊ぶのやーめよ!」という決意が固まるのですが、やはり本能は正直です。

タバコしかり、なんでもそうですが、「今後一切、やめる!」となると些細なことでもしっかりと意識しないと相当難しいです。

 

「ちょっと使えるお金もあるし、まあいいや♪」と、辞めると決意してから何度かコレありますよね。

 

本気でやめるなら敵の本質を知れ

自分で決意しておきながら、自らその決意を破ったことって誰しもあると思います。その時のことを思い出してください。

【できなかった理由】や【いかにも真っ当そうな理由】を探して、自分の行いを正当化したくなりませんでしたか?

  • 「風俗に行かないって決めたけど、ムラムラするのって本能だし、仕方ない!大丈夫や、オレ!」
  • 「風俗に行って元気出た(ウソ)!だから明日も頑張れる!」

など。

いくらでも理由づけはできます。

 

でも今日からは正当化するのはやめましょう!

【どうすれば目の前の問題が解決するか】にコミットするのです。

行かなくなるためにどうすればいいかを真剣に考えた結果、解決に向けて動くためには、敵を知る、すなわち本質を知る必要がありました。

 

賢者の教えをもとに、【風俗で遊ぶ】と言う行為自体を因数分解し、僕はこう定義しました。

【風俗で遊ぶ】=【快感】×【虚無感】×【出費】

なんとなく見えましたね、快感に立ち向かう手段は、快感しかない。

 

ということで、【風俗で遊ぶのをやめる】という目的を達成するために選んだ手段は、もちろん一択。

 

みんな大好きオナニー

 

簡単なことです。ムラっときたらオナニーすればいい、それだけ。

なんだかんだで、あなたは新たな賢者の教えを悟ることでしょう。

「今日はオナニーにしといてよかった」と。

 

本当のオナニーを教えてやる

でも、オナニーって惰性でやってしまうことが多いです。

気づいたら手がズボンの中に入ってしまってる男性はいるはずです、なにしろ無料ですから。

それぐらい、“軽い気持ちで出来る行為”です。

 

でも、惰性でやってると、欲望に負けそうになる瞬間が来るんですね。

「多少の出費は致し方なし!」ってなるのです。(それぐらい夜のお遊びは、当時の僕にとっては魅力的なことだった)
じゃあ、欲望に打ち勝つにはどうすればいい?結局、自分を制することはできないのか?

 

いや、できる。

 

僕は【風俗で遊ぶこと】を因数分解して自分なりの意味を持たせました。

同様に、【オナニー】にも自分なりの意味を持たせてあげればいいんです!

 

これまで生きてきて、1通だけ母親から手紙をもらったことがあります。

その手紙にはこう書かれていました。
「物事の意味は自分で人生の中に組み込んで行くものだ」

手紙をもらった当時、僕は高校生でした。

お母さん、息子の未来を見据える力がすごすぎる。

 

オナニーを「有料化」してみる

故事ことわざに【彼を知り己を知れば百戦殆うからず】という言葉があります。

敵についても味方についてもしっかり把握していれば、何度戦っても破れることはないと言う意味です。

 

そういうわけで
僕は、ことわざの「味方」に該当する”オナニー”について因数分解し、このように定義しました。

【オナニー】=【快感】×【虚無感】×【無料】

様々な付加価値はあろうかと思いますが、根幹までシンプルにしてやると、風俗とオナニーは無料で射精するか、お金を払って射精するかの違いであるという結論に至ったのです。

だって、どんなに風俗での前戯がいいものだったとしても、もしもそのあとイケなかったらみんな損したって感じるでしょ?
ほら、風俗にしろ究極の目的は射精なのです。

 

同時に、この【無料】という概念がオナニーの価値を下げ、オナニーをありがたみのない愚行に変えてしまっているのではないかと考えました。

 

敵の手の内、そしてこちらの弱点は見えた。
惰性で取り組まなければいい。
こだわりを持ってオナニーをすればいい。

 

そして出た結論は

「オナニーを有料化する」

でした。

これが自分で物事に意味を持たせるということです。

 

荒療治ですが、日々散財を繰り返す(感覚になる)ことで、さらなる散財は防げるだろうという意図のもと・・・

僕のオナニー有料化、題して【シコ貯金】が始まりました。
開けられない貯金箱と共に。

 

驚きと射精の連続、その果てに貯金額は・・

やり方は簡単。

オナニーをして、貯金箱に500円を入れる。

これを繰り返すだけで本当に罪悪感に似た感情が生まれて来ます。

 

なぜか。

単純に財布からお金が減って行くからです。

※実際は貯金箱に貯まってるのですが。

 

さらに驚きました。お金を取り出すことができる貯金箱だと、貯まったお金でまた風俗に行くという本末転倒な事態になりかねませんが開けることのできない貯金箱を使っているおかげか、本当に風俗で遊ばなくなりました。

 

そして、続けること、おおよそ2年半。

オナニーをするたびに、お金を払い続けました。。。

なんと、総額481,000円

(回数は数えるなよ変態野郎)

 

やったー!!!

己の欲望に打ち勝った瞬間でした。

日々オナニーをするだけで、貯金が増え、風俗に行かなる!
女性目線で考えてもメリットしかないですね。

 

風俗通いをやめてシコ貯金を成功させるポイント

<ぼくが成功した4つの秘訣>

  • 絶対に自分で決めたルールを守る。事後は何があっても、500円を払いましょう。
  • 500円玉がなくても、後日絶対に入れましょう。
  • 親しい友人、先輩、後輩、上司には極力言いふらしてください。結構みんな「調子はどう?」とか進捗を確認してきたり、何かと応援してくれます。
  • 貯金箱は「お金を出す=壊す」タイプのものを選んでください。

意識するのはたったのこれだけ。

 

それではまとめです。

・どんな人にオススメ?
→風俗行って後悔するけど、ついつい行ってしまう人。オナニーが大好きな人。

・どうすればいい?
→オナニーをしたら500円を貯金する

・結果は?
→無駄遣いが減る。お金が貯まる。

・成功の秘訣は?
→事後は絶対に500円を貯金する。壊さないとお金を出せない貯金箱を使う。仲のいい人にはなるべく言いふらす。

 

以上です。ありがとうございました。

 

この記事を書いた人

いきなり出てきたよくわからない人のおバカな話に最後までお付き合いいただき、ありがとうございます!
けーすけと申します。別名は鉄人です。

ここから突如真面目なPRタイムになります。

 

ぼくは大阪出身、現在関東を拠点に活動しております。

サラリーマンをこなしつつ、個人的に家計の勉強に取り組んでおり、支出の見直しを主とした家計相談の活動をさせていただいております。

普段よくわからずになんとなく払っているお金ってありませんか?
そんなところに無駄が潜んでいたりします。

でも、実際はどこに無駄があるのかを見つけるための教科書なんてない、万人の正解となる答えもない、専門家が近くにいない限り誰も教えてくれません。
そして専門家の方々も仕事でやっています、洗いざらい全部教えてくれるとは限りません。

そんな無駄な支出を削ることができれば、稼ぎがそんなに多くなくても自由に使えるお金は案外増えて行きます。
なかなかお金が貯めれなくて困っている方、よくわからずに毎月の支払いをしている方、そんな方々からの家計のご相談をメインにやらせていただいてます!

ちなみに相談料は一切いただいておりません!

お困りの方や話を聞いてみたいと言う方、お気軽にけーすけまでドーーーーゾッ!

 

【性と貯金を繋げられるたった一人のファイナンシャルプランナー】を名乗ることが直近の夢です!

お母さんがこの記事を読まないことを心から祈りつつ、ここまでとさせていただきます!
ではまた、どこかで!

 

けーすけのツイッター:@nokisap_ksk

 

恋活アプリランキング ペアーズ逆ナン