“失敗しないデート”の誘い方を恋愛心理学を使って紹介するよ

こんにちは。頑張らないで愛され女子をサポートしているラブクリエイターのゆーしです。前回は本当に好きな人と付き合うための3つのテクニック(初対面編)http://lovemazipa.com/love-psy/をお伝えしました。

 

そもそも恋愛心理学とは、心理学(ひとの意識や行動を研究する学問)の中に属するジャンルのひとつ。

「ひとが恋愛をするとき、どういう仕組みや意識で恋愛をするのか・恋愛をしているとき、ひとの脳内ではどんなことが起きているのか」ということを研究する学問です。

恋愛は科学的に証明できないようなイメージですが、そうではなくて、証明できない部分もあれば、ちゃんとデータをとって証明できる部分もあるんです。

今回はその恋愛心理学の知識を用いて、自分が本当に好きなひとと付き合っていくための「デートの誘い方」をご紹介します。

 

相手と信頼関係を作っていく日々のLINE

まずは日々繋がっていられるLINEで、どれだけ相手と信頼関係を築いていけるかが、あなたが本当に好きなひとと付き合える鍵になります。

ここで自分の都合を押し付けてばかりだったり、自分の勝手な不安から何度もLINE送るようなことをすると、相手が重いと感じてスルスル〜と離れていってしますので、日々のLINEを大切にしていきましょう。

 

相手はどれくらいの頻度でLINEしたいのか?

あなたが毎日LINEしたい人でも、相手は週3くらいでいいかもしれない。また内容がないLINEを続けられるひともいれば、事務的連絡しかとらないひともいます。

まずは相手のLINEのペースを知っていきましょう。頻度の違いをすり合わせていくのは、付き合ってからでいいんです。相手のペースに慣れていきましょう。

 

LINEは共感(マッチング)トーク

前回、共感が生まれるトークをしようとお話ししましたが、それはLINEでも同じです。

LINEでは会話の内容の共感だけでなく、書き方、語尾、顔文字、絵文字、スタンプこういう細かいところも相手に合わせていきましょう。そうすることにより相手との共感が生まれます。

その共感の積み重ねが大切になっていきます。信頼関係は一朝一夕で作っていくことはできないので。日々の共感を大切にしていきましょう。

そして、会うまでに1度でもいいので電話を挟むということ。LINEからいきなり対面で会うのと、LINE→電話→対面で会う方が会うときのハードルがぐんと下がります。相手も自分も会いやすい環境を事前に作っていきましょう。

 

失敗しないデートの誘い方

LINEで相手との距離が近くなると次のステップは、デートにいくこと。デートに誘うときは誰でも緊張するし、断られたらどうしようと不安になると思います。僕はとてもビビリだし傷つきたくないので失敗しないようなデートの誘い方をいつも心掛けています。

 

あえて1度断られるという手法「ドア・イン・ザ・フェイス」

このテクニックは最初は断られる前提で相手を誘います

「ドア・イン・ザ・フェイス」を日本語で表すと「門前払い」になります。わざと「門前払い」されるような誘い方をしましょう。

 

例えばいきなり「ディズニーランド一緒にいかない?」と誘ったとしましょう。そんなに仲良くないとかなりハードルの高いことですよね。

もしいきなりOKが出たらラッキーだけど、相手も断ると思います。そうしたら「じゃあ、今度ご飯でもどう?」とハードルの下がった内容で誘います。

ひとは立て続けにNOとは言いづらい生き物ですし、ハードルの高いものから一気にハードルの下がったものを言われると、それならいいかも。と脳が考えやすくなります。

またこのテクニックで一番気をつけないといけないことは、しつこくないようにするということ。断られてるのに何回も何回も誘うと相手にいい印象は与えません。多くても3回までにしておきましょう。

そこでダメだったら、また後日違うことで誘ってみたらいいんです。

 

選択肢にNOを与えない誘い方「ダブルバインド」

僕はメンタルが弱いのでこれをよく使います。笑

デートに誘うときに「今度食事にでもいきませんか?」とよくありそうなフレーズ、これだと相手の答えの選択肢に「はい」と「いいえ」がありますよね?

これだと相手は「いいえ」と言いやすいし、言われたときにこれ以上話を進めにくくなります。

 

しかし、たとえば誘うときに「◯◯がおいしいカフェがあるんだけど金曜か週末どっちかいかない?」だと相手が行く前提で話していて相手の答えは「金曜」か「週末」になります。

他にも「今見たい映画があって◯◯と△△なんだけど観に行くならどっちがいい?」だと相手の答えは「◯◯」か「△△」になりますよね?

このようにできるだけ相手がデートに「行く前提」の誘い方をしてみましょう。これで断られてとしても「あなたのオススメのお店ある?」「観たい映画ある?」と会話も続いていくことでデートに繋がりやすくなります。

あなたにあった誘い方を見つけて実践していきましょう♪

 

最後に、勇気出してデートに誘っても断られたり、デートに行って楽しくてもうまくいかないこともあると思います。

僕も何度もありました。ただこれだけは忘れないでほしいのは、

恋愛がうまくいかなかったとしても、あなたのひととしての価値は変わらないということ。

恋愛がうまくいかないとついつい「私がダメだから」「どうせわたしなんて」と考えがちです。でもそれは全然違って恋愛であなたは決まりません。

だから安心して失敗してください。安心して恋愛してください。失敗して反省して実行することで、あなたの恋愛は進化していきます。ぼくもコツコツこれを実践していきたから今があるんですよ( ´ ▽ ` )ノ

本当に好きなひとと付き合ったときには今までの失敗と思ってたことは、ぜ〜んぶいい経験だったなとなりますから。安心して失敗しよう♪

恋活アプリランキング ペアーズ逆ナン

ABOUTこの記事をかいた人

ゆーし

ラブクリエイター。得意だと思っていた恋愛で立て続けに失敗し、どうやったら恋愛で幸せになれるのかと、恋愛心理学を学びました。 現在は女性向けに、恋愛心理学や300件以上の恋愛相談を生かし、いちばん大好きな人から頑張らないで愛され女子になれるようにサポートしてます^ ^